日本語/English

宇宙物理学研究室 赤外線グループ (UIR) へようこそ

赤外線とは、波長およそ1μmから数100μmの電磁波を指します。私たちは、赤外線観測用の衛星、気球や地上望遠鏡の装置を開発し、天体観測を行っています。
宇宙には、無数のダスト(固体微粒子)が存在します。ダストは生命体の素になる有機物の生成や、固体惑星の形成、銀河の進化などに重要な役割を果たします。私たちは、ダストの生成と進化を観測によって明らかにし、化学的・物質的に豊かな現在の宇宙がいかにして作られたかを理解しようとしています。


最新情報&更新情報

2017.08.21 研究内容に、銀河の星形成活動に関する研究成果の解説を加えました
2017.04.06 トップページにインド気球実験の写真を加えました
2017.04.03 メンバー、論文リスト、プロジェクトを更新しました

このサイトはFirefox3.6.3、IE8.0で動作確認しています。 画面サイズ1024x768以上を推奨。画面サイズ、OSによってはレイアウトがくずれることがあります。