トップ > 研究成果 > 博士・修士論文

博士・修士論文

博士論文
2015
大小マゼラン星雲の赤色巨星変光星の研究 Study of the red giant variables in the Large and Small Magellanic Clouds
高山 正輝, 東北大学, 2015

2014
Cepheids as stellar tracers to determine galactic structures: An application to the Magellanic Clouds
Laura Inno, Università di Roma Tor Vergata, 2014

2013
Near-Infrared Linear and Circular Polarimetry in Star Forming Regions
Jungmi Kwon, The Graduate University for Advanced Studies, 2013

2011
X線・近赤外線による銀河面リッジX線放射の研究
森鼻 久美子, 東京大学, 2011

母銀河の近赤外撮像による高光度赤外線銀河の進化
大井 渚, 総合研究大学院大学, 2011

2009
銀河中心方向の近赤外偏光観測-星間偏光の効率と波長依存性
羽田野 裕史, 名古屋大学, 2009

不透視領域をまたぐNorma(じょうぎ座)の壁の深い近赤外探査
リアド イハブ, ケープタウン大学, 2009

2008
星/惑星形成領域の偏光研究
福江 翼, 京都大学, 2008

爆発的超大質量中性水素銀河:HIZOA J0836-43の性質と成長
クルーバー ミシェル, ケープタウン大学, 2008

局所宇宙空間における矮銀河の構造および星の成分と力学
スワート ボニタ, ケープタウン大学, 2008

2007
オリオン-一角獣座星形成領域の近赤外撮像偏光観測
日下部 展彦, 総合研究大学院大学, 2007

2006
Near-Infrared Study of Young Stellar Objects in Giant Molecular Cloud Vela C ( 近赤外線を用いた巨大分子雲 Vela C に存在する若い星の研究 )
馬場 大介, 名古屋大学, 2006

The IRSF Magellanic Clouds Point Source Catalog ( IRSF マゼラン雲近赤外線点源カタログの作成 )
加藤 大輔, 名古屋大学, 2006

Near-Infrared observations of variable stars in globular clusters
松永 典之, 東京大学, 2006

2005
西山 正吾, 名古屋大学, 2005

望遠鏡架台の構造解析とその応用
栗田 光樹夫, 名古屋大学, 2005

2004
永山 貴宏, 名古屋大学, 2004

2003
Variable stars in the Large and Small Magellanic Clouds(大・小マゼラン銀河中の変光星)
板由房, 東京大学, 2003

江 冶波 (Jiang Zhibo), 名古屋大学, 2003

2002
長嶋 千恵, 名古屋大学, 2002

修士論文
2011
Near-IR Polarimetry of the Star-Forming Regions around 30 Doradus
Jaeyeong Kim, Kyung Hee University, 2011

2009
Magnetic Field Structure in the Star Forming Cloud L1641
Jungmi Kwon, Kyung Hee University, 2009

2005
マゼラニック・ブリッジの近赤外線サーベイ
波場 泰昭, 名古屋大学, 2005

球状星団におけるType II CepheidおよびRV Tau型星の赤外線観測
福士 比奈子, 東京大学, 2005

近赤外サーベイ観測による銀河系中心領域における若い星の選出
村井 優香, 京都大学, 2005

2004
門脇 亮太, 名古屋大学, 2004

2003
球状星団の近赤外線観測
松永典之, 東京大学, 2003

2002
馬場 大介, 名古屋大学, 2002

2000
加藤 大輔, 名古屋大学, 2000

1999
永山 貴宏, 名古屋大学, 1999

1998
長嶋 千恵, 名古屋大学, 1998